『オートキャンプの歴史-オートキャンプの源流から現代まで-』

 オートキャンプの歴史が本になりました。本サイトの資料をベースに、それぞれの時代や国の興味深いエピソードや写真を盛り込んで、オートキャンプの歴史をその源流から現代まで辿ったものです。

 「1960年代に日本に誕生したオートキャンプは、半世紀余りを経た今日広く国民的レジャーとして定着しました。現在オートキャンプ人口は800万人を超え、子育て世代を中心におよそ40万世帯が毎年あらたにオートキャンプを始めています。このように普及してなお活力を保ち続けているのは、オートキャンプが現代社会で人々が求めているニーズに多面的に応えるレジャーであるからにほかなりません。
 オートキャンプの起源は、人類で最初に産業革命を達成したイギリスで19世紀後半に発生したレジャーとしてのキャンプまでさかのぼることができます。産業革命がヨーロッパ各国、アメリカ、そして日本へと波及し、それらの地域で工業化が進むにつれてオートキャンプも広がっていきました。このことはオートキャンプが、工業化された近代社会における人間性の回復という本源的な欲求に根差していることを物語っています。
この本は、オートキャンプの歴史をたどることによって、オートキャンプがいかに時代や地域を越えて人々の心を捉えてきたかを分かりやすく伝えたいという意図から書かれました。そのため珍しい写真や興味深いエピソードをできるだけ多く取り入れました。
 本書がオートキャンプ愛好者をはじめとして、オートキャンプ場、キャンピングカー、キャンプ用品、野外活動など多くの関係者に読まれることを願っています。」(著者)

>>ページの先頭に戻る