近代キャンプの成立|オートキャンプ歴史博物館-Museum of the History of Autocamping-

近代キャンプの成立

 18世紀後半にイギリスで産業革命が起きると、都市では工業製品を生産するための工場が建設され、多くの農民が都市に流入して工場労働者になりました。これらの工場労働者は低賃金と長時間労働に苦しめられました。しかも都市は人口過密となり、大気や水は汚染され、コレラが流行するなど極めて劣悪な環境でした。

 19世紀中頃から機械工業が発達するに連れて、労働時間は次第に短縮され、労働者の所得も増加しました。ようやく生活にゆとりがでてきた都市生活者が、週末に都会を脱出して、行楽に出掛けるようになったのはごく自然の行動と言えるでしょう。これに呼応するように、都市周辺の行楽地やリゾートが急速な勢いで開発され、遊園地、レストラン、ホテル、土産物屋など商業的な施設が次々と建てられていきました。

 イギリスでは伝統的に貴族の間でピクニックが盛んに行われていましたが、19世紀後半には庶民の間でも余暇にピクニックを楽しむようになりました。これらの人々は商業主義に侵されていない景勝地を選び、自分たちで食べ物や飲み物を用意して出掛けていきまいた。夕暮れどき、それまで敷いていたシートを樹木に張り渡しさえすれば、麗しい自然の中で一夜を過ごせることに気づいた人が現われたとしても不思議ありません。

 ピクニックの習慣が一般庶民の間に定着したころ、サイクリングやカヌーなどのアウトドアレジャーが生まれました。そして一部の愛好家は自転車やカヌーにテントを積んで野営するようになりました。こうして生活や訓練のためのキャンプではない、レジャーを目的としたキャンプ、すなわち近代キャンプが成立したのです。

 イギリスで生まれた近代キャンプは、まもなく産業革命の波及に伴いフランス、オランダ、アメリカなどへと広がっていきました。当時キャンプの移動手段と言えば鉄道、馬車、自転車が主でしたが、やがて20世紀に入って自動車が登場すると、近代キャンプは「オートキャンプ」という新しい形態を取るのです。

(1912年当時のキャンプ光景)

>>ページの先頭に戻る