ヘンリー・フォード|オートキャンプ歴史博物館-Museum of the History of Autocamping-

ヘンリー・フォード

 1863年ミシガン州の貧しい農家に生まれたヘンリー・フォードは、1891年から1899年までエジソン電灯会社に勤めました。当時フォードは自分の手でガソリン自動車を作ることに情熱を傾け、毎晩自宅の作業場で組立に没頭していました。そしてついに1896年「ペダル式四輪車」の開発に成功します。その2ヵ月後、会社のパーティーで上司がフォードをエジソンに紹介しました。フォードが自作のエンジンの構造を図面で説明すると、エジソンは非常に感動し「ぜひその研究をつづけたまえ」と激励しました。世界の発明王に励まされたフォードはいっそう自動車の開発に情熱を傾け、1903年にフォード自動車会社を設立しました。そして1908年に20世紀を代表する車、T型フォードを発売したのです。

 ヘンリー・フォードの誕生に遅れること5年、1868年にハーベイ・ファイアストーンがオハイオ州の小さな町に生まれました。ファイアストーンはしばらく馬車会社で働いた後、1890年に会社を設立して馬車用のゴムタイヤを製造しました。1900年にはファイアストン・タイヤ・アンド・ラバー・カンパニーを創立し、自動車用のタイヤ製造を開始しました。そしてT型モデルが発売されると、その公式サプライヤーとなりました。なにしろT型フォードはベルトコンベヤで大量生産され、その台数も1924年には1000万台、1927年には1500万台にまで達したので、ファイアストーン社はたちまち世界最大の会社の一つに成長しました。

 ファイアストーンのタイヤを装着したT型フォードは価格の安い大衆車として爆発的な人気を博し、アメリカにおけるオートキャンプ発展の原動力となりました。そしてその火付け役となったのが、ここに登場するエジソン、フォード、ファイアストーンのトリオでした。三人はそれぞれ年齢こそ離れていましたが、終生親しい友人で、毎年のように一緒に1週間から2週間ほどのオートキャンプ旅行を企てました。アメリカン・ドリームを体現した三人が連れ立ってオートキャンプをするのですから、マスコミの話題に登らないはずがありません。彼らのキャンプツアーはナチュラリストとして知られるジャン・バローズなど毎回著名人を誘って1915年から1924年まで9年間続けられました。1921年には第29代合衆国大統領ハーディングがグループに加わり、タープの下で食事している映像が全米に流れました。

手前左:ヘンリー・フォード、中央左:トーマス・エジソン
中央右:ウォレン・ハーディング

 ニューヨーク・タイムズによると、このときアメリカの道路を走っていた車の数は1080万台、そのうち500万台がオートキャンプに使われたといいます。1台平均3人として、当時アメリカのオートキャンパー人口は1500万人に達していたことになります。まさに世界最初のオートキャンプブームと言えるでしょう。

>>ページの先頭に戻る