サイクル・キャンピング|オートキャンプ歴史博物館-Museum of the History of Autocamping-

サイクル・キャンピング

 オーディナリ型自転車が普及すると、中流階級の青年を中心にサイクリングという新しいスポーツが生まれました。やがてサイクリストが集まって各地にサイクリングクラブが誕生します。1878年に設立された「バイサイクリング・ツーリング・クラブ」(1883年「サイクリスト・ツーリング・クラブ」に改称)の発起人の1人にトーマス・ハイラム・ホールディングがいました。

 1896年、ホールディングは息子フランクと友人2人の計4人でアイルランドのコネマラ地方に旅行しました。自転車に手製のテントやキャンプ道具を積み込み、キャンプしながら周遊する「サイクル・キャンピング」です。翌年ホールディングはそのときの経験を『コネマラ地方のサイクルとキャンプ』という本に書き著しました。その本の中でホールディングは旅のレポートだけでなく、テントや用具の作り方、キャンプのノウハウなども詳細に書き記しました。するとサイクル・キャンピングに興味を持った多くの読者が、ホールディングに手紙を書きました。

 1901年、ホールディングはそれらの読者の中から特に関心の高い愛好家12名を集めて「サイクル・キャンパーズ協会」(Association of Cycle Campers:ACC)を設立し、みずから会長に就任しました。その年の7月に第1回のキャンプをオクスフォード郊外のウォンティッジで企画し、「サイクリスト・ツーリング・クラブ」の機関誌「CTCガゼット」に案内を載せました。最初のクラブキャンプにはホールディングを含め6人が参加しました。その後メンバーは次第に増え、1902年には100名を越えました。1903年末には143人になり、そのうち13人は女性でした。

 1903年に最初の『ハンドブック』が刊行され、その中でACCメンバーが利用できるキャンプ地を募集しました。その結果、翌年刊行された『ハンドブック』には7ヶ所のキャンプ場が掲載されました。これは世界最初のキャンプ場リストと言えるでしょう。ACCはまたテントの軽量化や、キャンプ道具の小型化に努力し、徐々にレジャーとしてのキャンプのスタイルを確立していきました。

1904年当時のキャンプ光景

 ACCの設立当初、キャンプはサイクリングのための手段でしたが、次第にキャンプそのものが目的となっていきました。自転車はレジャーの目的から、キャンプのための手段へと変わっていったのです。しかもこのころには自転車と並ぶキャンプの手段として、オートバイや自動車も用いられるようになっていました。こうした流れの中で1906年、ACCのメンバーが中心となり、ホールディングを会長としてキャンプの愛好家団体「ザ・キャンピングクラブ」(The Camping Club)を設立しました。ここに現存する世界最古のキャンピングクラブが誕生することになります。それは同時に<キャンピング>が独立したレジャーとして産声を上げた瞬間でもありました。

>>ページの先頭に戻る