サイクリング|オートキャンプ歴史博物館-Museum of the History of Autocamping-

サイクリング

 1870年代にコベントリー社がオーディナリ型自転車を製造販売すると、市内の公園や郊外でサイクリングを楽しむ人々が現れました。サイクリングは中間階級のエリートや男女の若者の間で、ゴルフやテニスと並ぶ先進的なレジャーとして広く受け入れられていきました。愛好家が増えれば親睦や情報交換、自分たちのレジャー環境の改善などを目的とする互助組織としてクラブが生まれるのはごく自然です。当時そうした自転車愛好者のクラブの数は500をくだらなかったと言います。

 その一つに「バイサイクリング・ツーリング・クラブ」(Bicycle Touring Club)があります。1878年スタンレー・コットレルによりイギリス北部のハロギットで設立されました。当初メンバーは80人でした。バイサイクリング・ツーリング・クラブは緑色のクラブユニフォームを導入するともともに、機関誌、ハンドブック、ルートガイドなどを発行しました。また急な坂道など、危険な箇所には道路標識を立ててサイクリストの注意を促しました。1879年には初めてのヨーロッパツアーを組織しました。

 設立5年後の1883年にクラブの名称を「サイクリスト・ツーリング・クラブ」(Cyclists' Touring Club:CTC)と変更して、本部をロンドンに移しました。このとき会員数は1万人を越え、1885年には2万人を越える世界最大のスポーツ団体になりました。

 CTCはヨーロッパ大陸の12のサイクリングクラブと提携を結び、1899年にはCTCの主催によりロンドンで初の国際自転車旅行会議が開かれました。

 1890年代に空気入りタイヤを装着した安全型自転車が急速に広まりました。自転車は軌道に拘束された鉄道よりも自由に移動でき、馬車よりもはるかに安価で手軽な個人輸送手段として人々に受け入れられたのです。特に女性用の安全型自転車が販売されて、女性が自転車に乗るようになると、サイクリングは爆発的なブームを迎えました。当時自転車の年間生産台数は約75万台、サイクリストの数は150万人を超えていました。やがてその中から自転車にテントを積んでキャンプをする「サイクルキャンパー」が現れるのです。

サイクルキャンパー(1905年)

>>ページの先頭に戻る