交通革命|オートキャンプ歴史博物館-Museum of the History of Autocamping-

交通革命

 18世紀イギリスで起こった産業革命は、交通革命とも呼ばれています。産業革命を進めるには、工場生産の原材料や製品を輸送することが欠かせません。そのために鉄道が開発されました。鉄道を利用することにより、それまでの人力や馬車中心の輸送から、安価で迅速な大量輸送が可能になったのです。

 最初に蒸気機関車を発明したのは、イギリス人のトレヴィシックです。1804年、ウエールズで鉄鉱石の輸送に利用されました。しかし機関車は故障しやすく、それを載せるレールも弱いものでした。

 こうした欠点を改善して蒸気機関車の実用化に成功したのは、「鉄道の父」と呼ばれるジョージ・スティーヴンソンでした。スティーヴンソンは1822年、世界最初の鉄道であるストックトン-ダーリントン間の鉄道技師となりました。1825年には、彼が作ったロコモーション号が35台の貨車と、乗客を乗せた客車を引いて約17kmの区間を時速約18kmで走りました。これは旅客を運んだ世界最初の公共鉄道でした。しかしロコモーション号は石炭の消費量が多くて採算に合わなかったため、息子のロバートとともに改良を加えてロケット号を完成させました。ロケット号は、1829年に行われたコンテストで時速約40kmで走って他の2台を圧倒し、1830年に開通したリバプール-マンチェスター間の鉄道で運行されることになりました。

ロケット号
ロケット号

 これに端を発してイギリスでは1870年まで約40年間鉄道建設ラッシュが続きます。全国的な鉄道網が完成したことにより、人々の生活は一変しました。鉄道は大量の人間や貨物を安価で迅速に移動させることができます。1日の移動距離が伸びたおかげで遠くの土地に行くことが容易になります。しかも鉄道は馬車と違って一度に多数の人間を運ぶことができました。

 たとえばロンドンから約85キロ南にブライトンという海浜リゾートがあります。かつてイギリスの王侯貴族が馬車で通った高級リゾートです。ロンドンからブライトンに馬車で行くには運賃12シリング、時間は6時間かかりました。1841年にロンドン-ブライトン間に鉄道が開通すると、運賃は3シリング(労働者のほぼ1日分の賃金に相当)、時間は2時間に短縮されてロンドンから日帰りできるようになりました。その結果、多数の労働者がブライトンを訪れるようになりました。

 1851年、ロンドンで開催された第1回万国博覧会は鉄道の大衆化に拍車をかけました。半年たらずの開催期間中に延べ600万人が訪れたと言われていますが、これはロンドンとイギリスの主要都市の間に鉄道網が張り巡らされていたために可能となったものです。

 鉄道が発明される以前は、旅行とは高価で、時間がかかり、ときに危険なものでした。そのため旅行できるのは、金と時間に制約のない王侯貴族やごく一部の富裕な人々に限られていました。鉄道網がイギリス全土に張り巡らされると、一般庶民でも手軽に旅行を楽しめるようになりました。鉄道がもたらした交通革命は、同時にレジャー革命をも引き起こしたのです。

>>ページの先頭に戻る